Prof.Fjordの脳内散歩。

大学生が日頃考えていることを文章にするだけの、自己満足ブログ。

AirPods Pro

70本目。ブログ定期更新、本当にできるんでしょうか…

 

AirPods Pro

professorfjord4.hatenablog.com

前回のブログでは超PayPay祭グランドフィナーレでいっぱい還元を得たということを書きました。残高の付与には時間がかかるようでまだ反映されていませんが、1ヶ月くらいすれば反映されると思うので気長に待ちます。

さて、今回は購入したAirPods Proについて書いていこうと思います。もはや説明不要のイヤホンだとは思いますが、一応ちゃんと書きます。ということで早速箱を開けましょう。

f:id:ProfessorFjord4:20210410175448j:plain

シンプルですね。かっこいいです。

f:id:ProfessorFjord4:20210410175841j:plain

こんにちは。

ビニールを取って箱を開けると、早速本体(ケース)とご対面。思ったよりも全然小さいです。

f:id:ProfessorFjord4:20210410180008j:plain

ヒョコッ

ケースを開けるとイヤホン本体が出てきました。取り出しは一工夫必要で、取り出すタイミングで落としてしまうことが十分ありえるなと思いました。イヤホン下部の充電するところが磁石になっているのでケースに入っている状態で本体が落ちることはなさそうです。

イヤホンを早速つけてみると、ブオンとAirPodsから音が出ました。装着を認識した音なんでしょうけど、初めてでこれをやられるとびっくりしますね。そして間もなくiPhoneAirPodsを認識し、一瞬で設定が完了しました。もう使えるのか!設定アプリすらいらないじゃないか!驚きの連続です。とにかく簡単です。

あと、安いワイヤレスイヤホンをいくつか使っていたんですけど、最低音量ですらうるさいっていうものが多くてワイヤレスイヤホンってそういうものなのかと勝手に思っていましたが、AirPodsProは最低音量も小さめの音量でした。ってか、普通そうですよね。

ノイズキャンセリングの性能はなかなか良いです。最近はウォーキングに行ったり、対面授業(体育)に行く際に使っていますが、音量を大きくしすぎないでいいのが良いですね。もちろんすべての音が聞こえないわけではありませんが、全体的にボリュームを落としてくれるので鬱陶しさは軽減されていますね。流れている音に十分に集中できます。

音質は…まあまあですね。こだわりがないという人なら使っていて困るほど悪い音質ではありませんが、ヘッドホンやイヤホンに音質を求めている人にとってはちょっと物足りないかもしれません。あまり音質にこだわりのない僕でも最初流れてきた音を聞いてあれ?ちょっとこもってる?と思ったくらいです。ですが聞いていて耳が慣れたのかエージングがされたのか、今は何も違和感がありません。

使っていて便利だったのは外音取り込み機能ですね。思ったよりもナチュラルに聞こえてびっくりしました。店員と話すときもイヤホンを外さずに外音取り込み機能で全く問題ありませんでした。相手からしたらイヤホンつけっぱなしで会話されたら少し嫌な気持ちになるかもしれませんけどね…

カナル型のイヤホンなのも良いです。前のAirPodsのようなインナーイヤー型は耳が痛くなってしまうので、柔らかいイヤーピースなのも素晴らしいです。ウォーキングしているときに右のイヤホンが落ちそうになったので右だけイヤーピースを大きくしたら落ちなくなりました。こうやって調整できるのもカナル型の良いところですね。

ケースの充電はLightning端子ですが、不格好ですし充電忘れも多そうなので、ワイヤレス充電器を超PayPay祭のタイミングで買いました。事前に買うことで最終日での還元率も大きくなりますし、500円引きのクーポンもあったのでいいなと思い、買いました。割引後780円くらいで、そこにPayPay残高が乗るという感じでかなり安かったです。

f:id:ProfessorFjord4:20210411004905j:plain

普段は緑だけど充電中は青に光っている

見た目以上に安っぽい作りではありますが、ちゃんと充電できているので問題ありません。置き場ができるというのも良いですね。

1番懸念されるのは「無くすこと」です。想像以上に小さく、覚えていないと探すのも難しそうだと思います。まだ買っていませんが、フック付きのカバーも買おうと思います。ずっと使っていくためにも、無くさないための努力をしなくてはと思います。

WH-1000XM4とAirPodsProで使い分けができたらと思います。WH-1000XM4はノイズキャンセリング性能が抜群に良く、手をかざすだけで外音取り込みができるのが非常に便利です。しかしヘッドホンなので蒸れやすく、暑い時期には使うのをためらってしまいます。なので涼しい(寒い)時期や家で主に使う予定です。AirPodsProはWH-1000XM4と比べてノイズキャンセリング性能は劣りますがイヤホンなので小回りが利きます。防滴機能も備えているので多少汗をかいても問題ありません。僕自身汗っかきで、少し日が当たったり動いたりするだけでも汗をかいてしまうので、ウォーキングするときや暑い時期に、主に外で使う予定です。

AirPodsProはとにかく便利です。耳につけて設定アプリを経由せずにいきなり音楽を再生できるのがめちゃめちゃ良いです。再生停止や曲の先送り、ノイズキャンセリングと外音取り込みの機能の切り替えなどは耳元の細くなっているところをつまむとできます。外す場面がないので、外にいる間はAirPodsをつけっぱなしでいいのではないかと思ってしまいます。充電もそれなりに(2時間とかなら余裕)持ちますし、使わないときはケースに入れておけば充電されているので充電切れの心配もそこまでありません。小さくて軽いので持ち運びにも最適です。音質は他の完全ワイヤレスイヤホン(SennheiserのMOMENTUMとかJabraのElite 85tとか)のほうが良いらしいですが、iPhoneユーザーにとってのユーザビリティは間違いなくこいつが1番なのではないでしょうか。発売から1年半ほど経っていますが、まだまだ完全ワイヤレスイヤホン市場の最前線にいるなと思います。

 

余談

プログラミングが全然分かっていない人なのでCG基礎のサンプルコードを出すのにも一苦労しましたが(まずコードを入れる環境を作るところからだったので…)、このブログを書いた段階ではようやく一通りのサンプルコードを出すことが出来てとりあえず満足しています。これから提出するための課題ですか、どれだけ時間をかければ終わるんでしょうね…